【秋田魁】社説:スタジアムの議論 地域振興の視点も必要 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1nita ★@無断転載は禁止2017/07/10(月) 23:38:48.58ID:CAP_USER9
2017年7月8日 掲載

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となるスタジアムの整備を巡る議論が活発化している。6日まで行われた6月県議会でも、スタジアム整備について県側の姿勢をただす質問が相次いだ。

 佐竹敬久知事は7月中にも検討委員会を設け、新設や改修の是非などの方向性を年度内に示すとしている。新設するとすれば誰が整備の主体となり、どこに、いつまでに造るのか。県の試算で100億〜150億円とされる建設費は誰がどの程度負担するのか。検討委ではこれらが議論の焦点となる。

 スタジアム整備はBB秋田のJ2昇格に欠かせず、J3に参入した2014年から課題とされてきた。県議会ではスピード感を持った検討を求める声が出されたが、佐竹知事は慎重な姿勢を崩さなかった。スタジアム整備には巨額の費用が必要となるだけに、議論が拙速であってはならないのは確かだ。

 だが、5月に定例会見で新設が望ましいとする考えを示して議論に火を付けたのは、佐竹知事自身である。この時は「県が主体となっていいものを造ることが必要」と語ったが、県議会では「民間の協力も入れ、関係者で拠出してやらなければならない」と述べた。発言がぶれているような印象を与えたことについて、真意を説明すべきだ。

 JリーグはJ2ライセンス取得に必要な施設基準として、1万人を収容できるスタジアムを確保し、そこでホーム戦の8割を行うことを定めている。だがBB秋田がホーム戦を行うあきぎんスタジアムや八橋陸上競技場(共に秋田市)は、この基準を満たしていない。

 現状では、BB秋田がどれだけ好成績を収めたとしても、J2昇格は実現しない。BB秋田は今季首位を走っているが、優勝しても昇格できないのは残念―という空気が広がっていることが、議論を活発化させている。

 県は12年、民間に委託し「魅力あるスタジアム整備」に関する調査を行った。その調査報告には、既存施設をJリーグ基準に合わせて改修するのに必要な概算費用も示されている。だが当時はBB秋田がJ3に参入していなかったこともあり、報告を基に活発な議論が行われることはなかった。

 その後に策定された県スポーツ推進計画(14〜17年度)は、BB秋田をはじめトップスポーツチームを応援する機運を高め地域の一体化を図るなどと記している。そのためのチームへの支援の一つとして「必要な施設整備等」を挙げている。

 サッカースタジアムは、チームやファンなど「受益者」が限定されがちな施設ではある。議論に当たっては、チームを後押しすることがどれだけ地域活性化などに寄与するかといった視点は欠かせない。スタジアム議論を通じ、スポーツ振興や地域振興に対する県やチームの基本姿勢が問われることになる。

http://www.sakigake.jp/news/article/20170708AK0013/

2あなたの1票は無駄になりました@無断転載は禁止2017/07/10(月) 23:48:07.92ID:F0cgmAly0
 

  _ノ乙(、ン、)_そもそも1万人収容のスタジオってJリーグの前提が違うわよね
          小さい規模でも、ちゃんと黒字経営が出来るかを前提にすべきよJK

そもそも八橋の競技場で満員にしたことあんの?

4あなたの1票は無駄になりました@無断転載は禁止2017/07/11(火) 00:05:51.80ID:9hkB/AT80
お金の手目ではなく善意で無医村にわざわざ来てくれる医者を
追い出すような地域なら
振興しなくてもいいんじゃね?
勝手に滅びろ、と

背乗りしたチョンが紛れ込んで地域住民ヅラされるのも困るけどさ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています