【乙嫁語り】森薫総合スレッド-115-【エマ・シャーリー】 [無断転載禁止]©2ch.net

年10回(1月と9月を除いた毎月15日頃)刊行の「harta(ハルタ)」(エンターブレイン刊)にて
19世紀・中央ユーラシアが舞台のブライド・ストーリー『乙嫁語り』を連載する森薫さんの総合スレです。
かつての掲載誌である隔月発刊のFellows!は、2013年2月に誌名を「harta(ハルタ)」と改めリニューアルしました。

-単行本など-
『乙嫁語り』(1〜9巻、以下続刊)
 全米図書館協会の10代向けグラフィックノベルのベスト10
 アングレーム国際漫画祭において、”PRIX INTERGENERATIONS”(世代間賞)を受賞
 「マンガ大賞2014」大賞を受賞
 エンターブレインムック【乙嫁と婿花】編(2016/12/31発行)セブン・イレブン各店で販売中
『森薫拾遺集』
 「モードリン・ベイカー」「すみれの花」「見えるようになったこと」「昔買った水着」「ブカちゃん」
 「お屋敷へようこそ旦那様!」「巣穴紳士倶楽部」など収録
 ※要はFellows!付属の小冊子に描かれた短編が中心の本
 ※短編集はおおよそ半分、後はサイン会ペーパーや、各種メディアに掲載したイラスト、ラフなど
『エマ』
 コミックス全10巻、副読本『エマ・ヴィクトリアンガイド』(共著・村上リコ)
 小説『エマ』vol.1・2(原作・森薫、著・久美沙織)
『シャーリー』(1〜2巻、以下続刊)
『Quarterly pixiv vol.07』(付録『森薫印 マンガ用画材の選び方』、インタビューなど)
 ※harta最新刊付属の小冊子にメイドのリリー秀才。

次スレは>>970が立てて下さい。
スレ立て時は>>1の本文一行目に「!extend:checked:vvvvvv:1000:512」を入れて下さいね。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

えーっと、一橋慶喜が腰元に手紙を持たせて
父斉昭に使いにやると、
斉昭は「手紙にはそちを差し上げると書いてある」
と言って腰元を手籠めにしたっていう習慣は…

 似てると思ったけど、全然違った。

>>62
牛先生のことかーーーっ!!!!!

寒い→外に出ない→家でできることをやろう→漫画家に →取材に行かなきゃ→中央アジアへ旅立つ

寒い→外に出ない→家でできることをやろう→漫画家に →取材に行かなきゃ→中央アジアへ旅立つ→ハッシッシ→再起不能

寒い→こたつからでない→こたつからでないでも養ってくれる人と結婚しよう→出会いがない→そうだネトゲだ→廃人→この体験をラノベに あれ?

>>76
それな、高校時代の同級生が、FF11で知り合った東京の女の子に気に入られて、
その子が押し掛け女房的に関西に来て結婚したけど
男の生活力はバイトに毛が生えた程度だし、女はメンヘラだしで、そいつの家族巻き込んで酷いことになってた

途中までなら「何そのラノベ展開」って感じなのにな!

78名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ a277-pJSA [61.86.136.141])2017/09/16(土) 16:20:14.26ID:IRsxNLok0
日本人が漫画にしていない地域と時代ってほとんどないんじゃないかというくらい網羅されているね
自国以外の歴史や地域をこれだけ娯楽化してくれる民族はあんまりいないだろうな

日本では孫悟空やら三國志やら、中国はじめ世界中の英雄偉人を主人公にした漫画やゲームが幾らでもあるけど
逆は多分ないんだろうなと考えたら、日本人って鷹揚というか、暢気というか、おおらかというべきか、ネタになるなら細かいことに頓着しないんだなと。

19世紀のエチオピアとかマンガで読みたいけどあるのかな。

スペイン内戦のカタルーニャとか
スウェーデン領時代のエストニアとか
後周の世宗の(信長のような)野望とか
中世シチリア王国のルッジェーロの野望とか
漫画になってない話はたくさんあるぞ。
真田や井伊が大河ドラマになるなら、
由良国繁長尾顕長兄弟がドラマになってもいい。
米中露の盛衰に翻弄される日本に重ねてるのかな。
それなら、モンゴル国が中ソ日の狭間で
生き延びる苛酷な物語も田中克彦「ノモンハン戦争」
をクライマックスに、ソ連崩壊後日談まで大河どらまもいいかも。

面白そうな紛争地域歴史民族は全部漫画にしていくスタイル
お陰で色々な物に興味持って楽しく過ごせてるわ

>>80
作家デビューですね

84名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ 6277-pJSA [139.101.190.143])2017/09/16(土) 21:45:31.38ID:2oEoLXDP0
>>81
それらも同人誌なんかでは既に漫画化されてるかもしれないのが日本の漫画界侮れないところ
森先生もたしかシャーリーを同人誌で発表したのがデビューのきっかけだったな
あんなマニアックな題材に目を付けて描く漫画家もデビューさせる編集も着眼点がすごいわ

萌え萌えキュンにミニスカメイド服。メイドブームとはいえ、
本場の英国ヴィクトリア朝では考えられない破廉恥なメイド服が主流になるに至り、
いても立ってもいられなかったんだろう。

そうそう。メイドさんは清廉でないとな。
(満足げにまほろまてぃっくを取り出す)

んにゃ、禁断の血族や河原崎家の一族のメイドさんは…

理想のメイドカフェはそれ町な俺

89名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ 6277-pJSA [139.101.191.184])2017/09/17(日) 14:34:02.26ID:aS/j/aLt0
ほとんどのメイドカフェは客の民度が低いから萌え萌えきゅん☆な感じだけど
逆に完璧に19世紀貴族の作法を身に付けた客向けの高級メイドカフェとかどっかにあるのだろうか
1回10万円くらいで完璧なメイドがあなたに奉仕します的な
世界は広いからそんな特殊な変態も商売が成り立つくらいにはいるのかもしれない

「ご主人様、他に何か御用は」
「いや特に」
「では何か要り用の際はお呼び下さい」
ひたすら読書

>1回10万円くらいで完璧なメイドがあなたに奉仕します的な

もうメイド雇ったほうが安上がりなのでは

>>89
そんな楽園も貴方が作っていいのよ

残念だが現地ですらそんな使用人も接客もお目にかかれない
わりと高級ホテルでさえ接客はてけとー
平等主義と白人が減りすぎたのと労働者の権利云々でムリ
事業で成功してるような貴族さんでも中々使用人探しには苦労してるらしい
日本で純情な書生さんとおぼこな女中さんを探すようなもんだ

むしろ細やかな接客やセレブ感ある接客は今や日本や中国(国賓級のみ)に限るんじゃないかな
執事学校の就職先はいまやNo1は中国だってさ

>>89
カフェだと完璧なメイドの能力の持ち腐れだしやるなら1回二万〜で半日位の出張メイドだろう
掃除洗濯に食事やお茶の用意とかかな
マッサージや膝枕耳掃除位は有りかも知れんが本格的な性的サービスは別の店に行こう

>>93
タスカジだと1時間1500円だな。

川澄綾子みたいな声で叱ってくれるメイドさん欲しい

タッツンみたいにオッパイでビンタしてくれるメイドさん欲しい

>>95
「えっちなのはいけないと思います」?
じゃあ、『藍より青し』バージョンでお願いします。

>>94
タスカジに「完璧なメイド」さんが居るなら指名するわw

この台風だとシャーリーが鍋蓋で風と格闘してるのだろうか

あの鍋蓋、なんか意味あったのかよくわからん

慌てると整合性ある行動が取れないのは稀によくある

まずは着替えね…


ってなんでその着替えシーン省いてるねん!

森さんがそういう趣味でも売りでもないからだろうな

>>99
まあ、あれは2階の窓が閉まれば問題なかったんだよな。
開けっ放しで出掛けて、しかも書類は出しっ放し。
そりゃシャーリーも苦労するはw

>>102
35ページと36ページの間にはムフフな展開があると信じたい!w
エロパロ作品に期待しよう!w

「シャーリー、先にお風呂入りなさい。あなたの方が冷えてるでしょう」
「いえ、私は後で…」
「そういうと思ったけど…風邪ひいちゃうわよ」
「私は大丈夫ですから」
「もう…じゃあ一緒に入る!?」
「え!?ええ?」
「ちくわ大明神」
「ほら服脱いで!私たち二人とも風邪ひいちゃうじゃない」
「…わかりました(ヌギヌギ」
「誰今の」

水道事情や給湯事情も踏まえると、雨に濡れただけで
入浴する事はないと思われる

そして各々、着替えを置いてある場所は自室のはずなので
自室に向かい、各々着替えたはず。着替えた衣服は
外出着ではなく部屋着、寝間着のようなものだったので
一人で着替えただけでしょう

じゃあ、どうしたって救いは無いんですかッ!!(半ギレ)

うん。

そんなんどーだっていいから台風のせいにして温め合おう(おねロリrevolution)

でもその後同じメイド服になっているから、洗い替えがあったんじゃないか。

重要なのはパンツを履き替えたかどうか、その点です

まだ、誰かがお湯を汲んでこないと風呂には入れない時代じゃなかったっけ?

>>112
誰か=メイド=シャーリー

さすがのシャーリーも力仕事は大変だな。
お風呂は週1回、後は暖炉で沸かしたお湯をポットに入れて運び、タオルを使って体を拭く。

>>111
パンツなんてこの時代ないんじゃない?ズロースだろうねw

>>113
パンツはあるよ
出展は誰の作で読んだか忘れたが
でも何にせよ綿の下着を着ることがすごい贅沢だったので基本下着は貴族のもの
似たようなモンは庶民も着たが、
18世紀の農民は服が傷むので夜は全部脱いで寝てたのは凄い有名
シャーリー、エマさんは雇い主が雇われ人の身形をちゃんと考える人だったろうから
ちゃんと下着の布まで買ってやったろうケド、
それでも何枚も着替えをもてるほどは無かった筈
20世紀になっても服はとにかく高かったので
パンツなんて兄弟の使い古しを抜けるまで履いてた

そしてすべてクロッチレスとなり、実質ドロワーズに逆戻り?

夜な夜なパンツを縫うシャーリー

ベネットさんのお古を履けばいいじゃない!
っていうか履いてください後生だから

118名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ a277-pJSA [61.86.136.235])2017/09/19(火) 16:50:52.11ID:3Wp3yJNC0
嵐の時シャーリーはとりあえず窓の外に布でも貼り付けておけば良かったのでは
ガムテープの類はこの時代にはなかったかなさすがに
この回の序盤のモブが森さんぽくないタッチなんだけどアシさんいたのかなこの回

嵐回は窓閉めるとき椅子に乗ったり洗濯もの取り込むとき木のバケツに乗ってるシャーリーがちっこいかわいい

年相応の可愛らしさを描くのは天下一品だよなあ
バルキルシュお婆様はもはや威厳とか風格とか言えるレベルだけども

121名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ a277-pJSA [61.86.136.159])2017/09/20(水) 01:58:43.44ID:Ez5jzg0P0
バルキルシュはバギクロスを連想させて何か強そうでカッコいい名前
現地だとどういう意味があるんだろう

変形しそう

新着レスの表示
レスを投稿する