【柳本光晴】 響〜小説家になる方法〜 9冊目【ワッチョイあり】 [無断転載禁止]©2ch.net

次スレを立てる際は↓を1行目に貼ってください
!extend:default:vvvvv:1000:512

◆小学館ビッグコミックスペリオールにて連載中
◆コミックス 既刊1〜6巻発売中
◆マンガ大賞2017 大賞受賞
◆このマンガがすごい!2016 オトコ編 第12位
◆俺マン2015 第10位

■ 小学館公式作品紹介ページ
http://big-3.jp/bigsuperior/rensai/hibiki/index.html

■ 前スレ
【柳本光晴】 響〜小説家になる方法〜 8冊目 [無断転載禁止]©2ch.net
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/comic/1493686427/

■ 関連スレ
第2・4金曜発売★ビッグコミックスペリオール 27
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/comic/1490953537/

■ 作者「柳本 光晴」の他作品
『女の子が死ぬ話』
 双葉社月刊アクションコミックス(発売中)/ISBN 978-4-575-84343-9
『きっと可愛い女の子だから』
 双葉社月刊アクションコミックス(発売中)/ISBN 978-4-575-84478-8
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

>>780
そんな格好悪いことやらんだろ

>>786
性格異常は医学的治療で治るもんじゃないから入院もさせてもらえん
せいぜい興奮したとき飲めとデパスが処方されるくらい

芥川&直木賞受賞作家を人格障害者とかw

人格障害者で文才あったからW受賞出来たんだよ

>>792
芥川はわけわからん自殺をやらかした異常者だし、直木は人格的にはカスそのものだぞ。

>>779
一ツ橋テレビのドキュメンタリー番組の放映価値をなくしてしまう。
11月25日までの2ヶ月間、響は一ツ橋テレビとはライバルにあたる他局に積極的に売り込む。
人気番組の1コーナーで響の正体を明かすことに全面的に協力する。
一ツ橋テレビの陰謀を話してその局と極秘裏に制作を進める。
自らインタビューに応じて番組にも出演する。
暴力奇行についても認め、やり過ぎがあったことも素直に認める。
暴力の被害者に遭った人からも証言をとる。ふみ、鬼島、田中、週刊誌記者、子安、アメ・・・。
決してプラス評価ばかりではないが、ありのままに示す。
「でもとってもいい子です!」(1年生の時の担任の証言)
吉野のみならずめったにマスコミに出ない祖父江秋人まで出演。
そしていろいろお騒がせしたけど、普通の高校生なんでそっとしておいて欲しいと響が語る。
番組収録完了。
さて11月25日。一ツ橋テレビのドキュメンタリーの収録でゲストの大物芸人が駄目出しをする。
「なんだ?これは単なる盗撮か?響本人も出ず、インタビュー一つもとれない番組に何の価値がある?」
若手芸人だったらその発言で干してしまうこともできるが、いかんせん津久井でもどうにもならない大物芸人。
(まあカットしておくか)で収録完了。
そこに響が一ツ橋テレビスタジオに現れる。
「こんばんは。収録は終わったの?今日これから間もなく始まる○○テレビの一コーナーにあたしが出てるから見てね」
と言って帰る。
津久井その他局のテレビのそのシーンを見て呆然。
実は帰ってなかった響。
「でもこちらの番組もプライベート盗撮や暴行シーンもあるからそれなりに視聴率は上がるんじゃないの?(クスクス)」
津久井「ギリギリギリ・・・」

おっと、吉野はテレビに出るわけねえか。

この流れはあるか

スタジオで暴力三昧
➡警察にタイーホ
➡女子少年院に入所して執筆活動

>>797
私の闘争 出版

まあ響の文学賞受賞というか
作者は文豪ストレイドッグスの原作以上に文学にまったくの無知だから
文学がどうこう言っても仕方ないな

ドヤッ

801名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ c1d8-PzL5)2017/09/16(土) 01:50:50.45ID:KDWNDp530
番組お蔵入りだろうがプロデューサーも未成年無許可撮影の責任問題で決着か
響いいようにやられたから続きを待つ

このやりとりであと炭鉱本3〜5巻くらい引っ張りそうだな。

お守りの掘り方でも載ってんのかよ

涼太郎ついてるから響が無茶できるって設定完全にいらんようになったな
昔の涼太郎なら響がついてくんなつっても双眼鏡で見守るぐらいのことしたと思うんだが

この手の若い天才女が男に嵌まって第一線から退くみたいなパターンの漫画ってよくあるよね
バレエの奴とか指揮者の奴とか

男にはまるような精神構造してないんだよなあ

文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。
芸術 表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。
教科書にのってたようなのに芸術って感じなかったなぁ
特殊な感性の人達が面白さを感じるのが文学なんだろうか

食べ物だって音楽だって、新しいものはすぐには受け入れられないのと同じで
文章もある程度読み込まないとわからんよ

>>807
面白がる人達の方が普遍的な感性の持ち主で、オマエの方が並み以外の特殊な人なんじゃね

>>807
かよちゃんは異世界なんとかを文学だと思ってたらいいよ

覆面作家っていつまで続けるつもりなんだろう?
高校卒業ぐらいまでなら、そこまで必死に隠さなくてもいいのにな。

身元が割れて取材陣が来ると絶対に事件を起こすからって隠してんだろ?
つまり響の人格が矯正されない限り覆面作家なわけだけど人格がまともになると多分文才も
消えるか歪むかするからずっと今のままだろ

どんな問題起こそうが安泰なぐらいに磐石になれば関係ない

響は小説が好きなだけで職業作家になることに対して特にこだわりがないからな
だからお父さんと同じ小説書く仕事をしたいリカさんが不本意なことを我慢するみたいなことをしないんだよ、響は

815名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (ワッチョイ b136-PzL5)2017/09/17(日) 17:58:18.70ID:odQA3Zbx0
>>811
解決策は二つあると思う。
一つは響がマスコミに正体をさらして覆面作家でなくなること。
もう一つは響が日常生活でも覆面をかぶることにすること。

決定的な何かやらかして北欧移住エンドが一番綺麗で無理がない終わりかただと思う

上で言われてた入所して執筆ルートは
小説読んで書いて自由にできるから響的には何も問題ない最高のルートだなと納得してしまった

他のDQN受刑者にちょっかい出された響がいつものように倍返しの仕返しして
反省のために独房入れられて本もなしに延々内職させられて
それにむかついた響が刑務官にまで復讐したうえにプリズンブレイクして
祖父江パパの手引で国外逃亡するところまで読みたい

それ響やない 残響や

なんでラノベ作家をキモヲタにして、絵師をイケメンにするのかね

響きが仕返しするときに「倍返しだー」っって叫ぶようにすれば
もしかして流行語になるかも。

>>820
絵師は知らんがラノベは作者から読者までキモいのは既定だろ。

そういえばこの作品読んでても文芸書を読もうと思わせられないなそもそも文芸の魅力を啓蒙する作品になっても良さそうなのに
かよちゃんの語る世界のほうが面白そうだ

>>820
ラノベ作家はキモデブの割にキリッと終わってたから
まあいいんじゃない

子安くんはゴリラは多分の次ぐらいに好きよ

日本語で頼む

>>820
元ネタが川原礫と岸田メルだからじゃね

この作家は文芸に皮肉込めてるのかと思ってる

ブサイクに啖呵切っても締まらんだろ
だから作家殴ったのはギャグになった

>>822
かよちゃんキモいってどういうことだよぉ!!?

胴いうことだよ

832名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止 (アウアウカー Sa1d-MJAo)2017/09/19(火) 18:28:23.78ID:A/Znzn/la
伊集院ずん胴(泣)

かわいそうに。
あの表紙の水着姿だけでここまで。

15歳で講談社漫画賞と小学館漫画賞をW受賞する天才JK漫画家が
主人公のラノベを書きたい。

>>834
同時じゃないけどどっちも受賞した作品だと20世紀少年と宇宙兄弟があるけど
正直そこまですごいマンガだとは

かけば?

昔はともかく最近の受賞作見ると完全に出来レースだよ、どっちの賞も

そういう出来レースすら動かしてしまうとんでもない作品を書きたいんだよ。
というかどうせ小説の中の話だし。

賞はどうしても芸術性方面を評価に入れちゃうから
エンタメ性が強いマンガジャンルだと評判とそこまで一致しないことが多いな

エンタメは売れる売れないでその評価が正しかったか検証できるからわかりやすいよ

芸術性なんてものはだいたいその評価が一部の権威によって支えられていて
一般大衆には理解されないことが多いし、そもそもその評価が正当であったかどうかもよくわからない
芥川賞作家なんて受賞作品だけ売れてあと鳴かず飛ばずの作家が大半だろう?
売れる売れないは別にしても10年後も読み継がれるだけの値打ちのある受賞作がどれだけあったかというと……

新着レスの表示
レスを投稿する